東京日記

東京のこととかその他のこととか書いてます。『東京写真10選』毎週月曜21時から更新中。

東京写真10選その42(四ッ谷・四谷三丁目編)

どうも一流です。本日は四ッ谷の街をふらりと歩いて気になったものを写真10枚でご紹介します。42なんで四ッ谷にしました。

 

 

 

 

ちっちゃい「ツ」が入るのか入らないのかよくわからない街、四ッ谷が今夜の舞台です。中央線、丸ノ内線南北線が乗り入れる新宿区のオフィス街でありながらも住宅街や歴史的建造物も多く広がる独特の街並みが広がります。中央線の新宿〜東京間でも特に真ん中あたりに位置しまさに東京のど真ん中と言える立地です。四つの谷があった土地なのかと思いきや地名の由来は現在でも定かではないそうです。そんな四ッ谷で見つけた気になるもの10枚の写真をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

1.

 

f:id:icchiryu:20180724215655j:plain

 

まずは四ッ谷駅が気になりました。

地名は「四谷」なんですが、駅名は「四ッ谷」です。その割に丸ノ内線で隣駅の四谷三丁目は「四谷」です。竹ノ塚やら御茶ノ水やらを歩いた時にもあった駅と地名が違う現象がここでも顔を出しています。JR中央線東京メトロ丸ノ内線南北線が通りどの路線でも利用者数上位に食い込む都内の中堅クラスの駅です。個人的に気になるのはこの四ッ谷口の構造です。駅前を通る外堀通りから地下に入り込む構造になっており、車が停められるロータリーが駅舎の下にある作りをしています。都心でロータリーが地下にある駅って結構珍しくないですか?限られたスペースを有効活用している好例ですね。

 

 

 

 

 

 

 

2.

 

f:id:icchiryu:20180724221421j:plain

 

四ツ谷駅で降りたことのある人なら誰もが気になったことのある空き地です。

赤坂口から降りるとすぐに何にもない空間が目に飛び込んできます。駅から低い位置に芝生が広がり階段がありますが、そこへ続くドアは鍵が掛かり閉ざされています。空き地の割には比較的芝も整備されているのですが、この土地に何かが作られるような噂すら聞きません。実はここはかつて江戸城の外濠だった場所です。というか四ツ谷駅そのものが外濠の敷地に作られたもので周辺には多くの名残や史跡を残しています。現在はJRが管理しているこの土地も外濠の跡地であり、地盤の脆弱性を抱えていることから超一等地にも関わらずただの空き地になってしまっているそうです。土地に歴史あり...ですね。

 

 

 

 

 

 

3.

 

f:id:icchiryu:20180724225511j:plain

 

上智大学にやって来ました。

四谷にある大学と言えばこの上智大学をおいて他にありません。上智大学キリスト教イエズス会が解説したミッション系の大学です。敷地内に聖イグナチオ教会があったり神学部があったりとキリスト教と深い関わりがありますが、もちろんキリスト教徒でなくとも入学でき、宗教についての信仰や理解を深める授業も用意されています。イエズス会と聞くとかの有名なフランシスコ・ザビエルを思い出しますが、実は上智大学の起源に大きく関わっています。1549年宣教師として日本を訪れたザビエルは日本にキリスト教の高等教育機関設立の構想を抱いていました。当時の日本では受け入れられませんでしたが、1913年、ローマ教皇がその遺志をイエズス会に託したことで上智大学が誕生した経緯があるそうです。ちなみに上智大学は英語名でSophia Universityと呼ばれますがこのソフィアとはギリシャ語で知恵を意味する言葉に由来しているのだとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

4.

 

f:id:icchiryu:20180724231437j:plain

 

次は四谷と言えばこのホテルというところに来ました。

帝国ホテルやホテルオークラと並び称される日本屈指の高級ホテル、ニューオータニの本館はここ四ッ谷の紀尾井町にあります。1962年、来たる東京オリンピックに備えて建設された歴史あるホテルですが今見ても洗練された外観をしていますね。特に有名なのは最上階にある回転レストランでしょう。円形のフロアがゆっくりと回転し周囲の景色を見渡すことができる回転レストランは都内ではここと東京交通会館しか現存していません。開業当時としては最先端の技術が使われ東京タワーと並ぶほどの人気スポットだったと言います。最近は二度目の東京オリンピックに向け高級ホテルも増えているようですが、その先駆けとしてこのスポットを忘れるわけにはいきませんね。

 

 

 

 

 

 

 

5.

 

f:id:icchiryu:20180725233836j:plain

 

ちょっと面白い光景を見つけました。

めっちゃくちゃにデカい雪印の看板を見つけて「デカすぎるだろ」とまず面白かったんですが、「こんなにデカいのに前にあるビルで7割くらい隠れちゃってるのかよ」でもっと面白く、「いやでも7割隠れてるのに雪印って判別できるから看板としての役割は果たせてるのかよ」でさらに面白くなってしまいました。ただのデカい看板で3回もウケてしまいました。大丈夫か自分の情緒。

 

 

 

 

 

 

 

6.

 

f:id:icchiryu:20180725234931j:plain

 

新宿区立新宿歴史博物館にやって来ました。

新宿の歴史を語る上では外せない知る人ぞ知るスポットです。細い路地にひっそりと佇む博物館ですが、中の展示は非常に充実していました。新宿の歴史をなんと旧石器時代から現代に至るまでさまざまな視点から見つめることができます。当ブログでも何度かご紹介している江戸時代の内藤新宿ができた歴史や、明治以降の新宿に暮らした人たちの生活についての資料は特に充実しており、当時の暮らしを体験できる展示もいくつか用意されています。今の新宿に住んだり暮らしたりしている人にこそ見て欲しい内容がたくさんあります。自分が今過ごす街が、先人たちの行いの上に成り立っていることを忘れてはいけませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

7.

 

f:id:icchiryu:20180729150004j:plain

 

四谷消防署に来ました。

消防署にしては非常にスタイリッシュな見た目をしているので気になって写真を撮ってしまいました。まるでオフィスビルのような見た目で、土地の確保がしづらい都市型に適応した消防署という感じですね。実はこの消防署は消防博物館という博物館が併設されており、地下1Fから10Fまで実際の消防車やヘリなどを始めとしてあらゆる展示が行われています。私が行った時は家族連れで賑わっており、ちびっこたちが大はしゃぎしていました。入館料は無料ということもあり、ファミリーには嬉しいスポットですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

8.

 

f:id:icchiryu:20180729151516j:plain

 

さらにファミリーに嬉しいスポットに来ました。

ここは四谷ひろばというかつての小学校だった跡地をそのまま利用した子供達のための施設です。中には学校の設備をそのまま生かしたレンタルスペースなどが充実しているほか、おもちゃ美術館というおもちゃ専門の美術館が併設されています。世界中のおもちゃを展示しているコーナーや自分でおもちゃを作れるスペース、あとはもちろん様々なおもちゃで遊べるコーナーも用意されており、子供が喜ぶこと間違いなしのスポットです。歩いていて気づきましたが、四谷界隈は意外と博物館や美術館がたくさんありどれも家族で楽しめる展示内容になっています。家族連れが休日訪れるにはオススメの街です。四谷。

 

 

 

 

 

 

 

9.

 

f:id:icchiryu:20180729154717j:plain

 

なんだか見たことある場所に来ました。

なんか急に誰かと体が入れ替わったような気がする場所ですね。それもそのはず。2016年に大ヒットを記録した映画、「君の名は」のポスターに使われた須賀神社がこちらです。すっかり映画の聖地となり観光スポットに生まれ変わったこちらの階段。私が行った時も日本人以外にも色々な国の方が写真を撮りにきていました。いまだに人気は根強いようですね。この階段の先にある須賀神社は四谷の総鎮守としてこの周辺の神社をまとめている存在です。非常に由緒正しき歴史のある神社ですので、聖地巡りでこの階段を訪れた方は神社の方もちゃんと見てみると色々と気づくことがあるかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

10.

 

 

f:id:icchiryu:20180729231127j:plain

 

というわけで最後は四谷で最も雅な場所で締めます。

この赤坂迎賓館は赤坂という名前の割には四ッ谷駅が最寄りになります。国賓を迎える時に使われる施設で主に皇族や海外のお偉いさんなどを交えた晩餐会などが行われいていた場所です。現在は国宝にも指定され実際に使用される機会も以前に比べ減っていますがその存在感は衰えていません。2016年からはなんと一般公開もされるようになり、ネットで申し込むか当日の整理券で館内を見学することができます。私も以前見学したことがあるのですが、まぁホントにヤバくてすごいところでした(ボキャ貧)。豪華絢爛と言ってしまえばそれまでですが、ただ派手なだけではなく日本の様々な伝統文化を使用した上品で雅な造りとなっています。言葉で説明するのは難しいので興味のある方はぜひ一度訪れて見てほしいですね。都心にいながらも見たことのない世界を味わうことができると思います。

 

 

 

 

 

 

 

というわけで四谷の街をご紹介しました。次はまた東京の定番の観光地であるあの街にお邪魔します。お楽しみに。

 

 

 

 

 

 

おわり