読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京日記

東京のこととかその他のこととか書いてます

【ネタバレ有】「シン・ゴジラ」の軌跡を辿る〜その3〜

地理

こんばんは。リューイチです。

シン・ゴジラの記事ついにラストのその3です。

 

 

 

icchiryu.hateblo.jp

 

 

icchiryu.hateblo.jp

 

 

 

 

 

その3では物語のクライマックス、ヤシオリ作戦の際の位置関係を見ようと思います。

 

あのシーン、実はある建造物が写っていたことにみなさん気づいたでしょうか。

東京駅付近に勤務されている方などは違和感を覚える部分があったと思います。

見覚えのない背の高いビルが登場していたのですから。。。

 

 

 

まずは作戦の際ゴジラがいた位置から確認したいと思います。

 

f:id:icchiryu:20160827211137p:plain

 

ゴジラは東京駅のJR線路内で活動を停止していました。

 

 

そこを見渡せる場所として、指揮本部が置かれたのは北の丸公園内の科学技術館の屋上でした。

 

科学技術館

科学技術館は、科学技術に関する展示物を中心に講演会や科学教室などを開催している1964年にオープンした博物館です。星をモチーフにしたダイアモンド🔯ユカイのアレみたいな特徴的な外壁のマークは、ラストの矢口とカヨコのシーンでも確認することができます。九段下駅から日本武道館に続く道をさらに奥に行った場所にあります。

 

 

科学技術館からゴジラを眺めたシーンでは北の丸公園の森も確認できますので、やはり東京駅から北西方向のこのエリアは火炎放射や放射熱線の被害はほとんど受けていないようです。

 

 

ヤシオリ作戦ではゴジラが東京駅の線路内で活動を停止していたことをフルに活用していました。無人新幹線爆弾と無人在来線爆弾のインパクトは凄いものでしたが、今回注目したいのはゴジラを押しつぶした高層ビル群です。

 

どのビルが作戦に使われたのかを判別するためにはゴジラの位置をピンポイントで特定する必要があります。パンフレット等を見る限り作戦の際ゴジラがいたのはココと思われます。

 

 

 

東京駅付近は高層ビルが多く建っていますが、ヤシオリ作戦では東側である八重洲口方面のビル群を破壊してゴジラを押し潰しています。

そのため、作戦の第一フェーズである無人戦闘機によって放射熱線を放出し切らせる部分では、東側にあるビル群を破壊させないために西側に熱線が放出されるように戦闘機を放っている事がわかります。科学技術館の屋上にいる矢口たちの上空を熱線が通っているシーンからもそれは見て取れます。

 この時に丸ビルやら新丸ビルが背中からの熱線でぶっ壊されてしまいました。むしろ今まで無事だったのが不思議なくらいです。

 

そして弱ったゴジラを押し潰すために、八重洲側のビルに仕掛けられた爆弾が爆発したりミサイルでの破壊が始まったりしました。

 

注目したいのはここです。

 

 

まず爆弾で破壊されたビルはゴジラのすぐ東側にあるグラントウキョウノースタワーです。劇中でもビル最上部に「GRANTOKYO」の文字が確認できます。 

 

 

・グラントウキョウ

東京駅八重洲側にある二つのタワーです。八重洲のグランルーフの北側にある42階建てのノースタワーは13階まで大丸百貨店が入っており、その上は主にオフィスとして使用されています。サウスタワーは地上2階までが店舗でありその上はほとんどがオフィスとして使用されています。ヤシオリ作戦ではノースタワーがゴジラを押し潰すビルとして選ばれ、サウスタワーは辛うじて無事でした。

 

そして劇中でそのグラントウキョウノースタワーの奥に、さらに高いビルがあったことに気付いた方はいるでしょうか。海上からのミサイルによって破壊されたビルです。(たしか)

 

 しかしGoogleMapを確認してもらってもわかると思うのですが、グラントウキョウノースタワーの北側にはそんな高い建物は存在していません。

 

そもそも2016年現在、東京駅付近の高層ビルで一番高いのはグラントウキョウノースタワーなのです。

 

ではあのビルはいったいなんなのでしょうか?

 

 

 

東京好きの方ならご存知かもしれませんが、実はあのビルは東京駅付近の再開発計画「常盤橋街区再開発プロジェクト」で建設が予定されている高さ390mの超高層ビルです。

 

ryutsuu.biz

 

完成予想図はまさに劇中で登場したビルと同じ形です。

まだ名も決まっていないこのビルですが、完成予定は2027年となっています。

 

 

 

つまりシン・ゴジラは2027年以降のお話、ということになるんです。

今から11年後以降のお話ということですね。てっきり2016年くらいのお話かと思っていましたが...実は結構未来の話みたいです。

 

 

そしてヤシオリ作戦の最後、ゴジラ八重洲寄りの東京駅線路上で凍結し、新たな東京のシンボルとなってしまいました。

あんなのずっとあそこに居たら気が気じゃなさそうですが、あの後はどう処理するんでしょうね...。そのまま放置するのかな。

 

 

ということでシン・ゴジラゴジラが辿った道のりを長々と辿ってきました。

多少ずれているところもあるかもしれませんが、だいたいと思って見てもらえれば幸いです。また鑑賞する機会がある方は東京の地理からという観点から見てみると新しい楽しさに気付けるかもしれません。

 

 

おわり。