読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京日記

東京のこととかその他のこととか書いてます

【ネタバレ有】「シン・ゴジラ」の軌跡を辿る〜その1〜

 

こんにちはリューイチです。

今日は東京好きとしてシン・ゴジラゴジラの辿った軌跡を検証してみようかと思います。

 

 

 

f:id:icchiryu:20160814214224j:plain

 

 

シン・ゴジラ皆さん見ました?

なんかもう最高すぎませんか。

私は開始10分くらいでもう一度見ようと決意を固めました。

怪獣映画としての迫力はもちろんなのですが、何より楽しかったのは舞台が現在の東京であることです。

 

今作のキャッチコピーは『現実<ニッポン>VS虚構<ゴジラ>』です。

 

 

これまでのゴジラシリーズとは異なり、初めて人類の前にゴジラが姿を表すという設定であり、現在の日本という『現実』ゴジラという『虚構』が現れた場合、日本はどう立ち向かっていくのか、という姿が描かれています。

それゆえに登場する東京周辺の地名や位置関係はもちろん全て現実に即したものとなっています。

 

そこで、劇中で起きた2度のゴジラの侵攻の中でゴジラが通ったルートを検証してみたいと思います。

すでに同じことをされている方がたくさんいらっしゃると思いますので、自分的に気になった場所をピックアップしながら書いていきます。

 

 

 

■ 1度目の侵攻

 

シン・ゴジラ東京湾沖のシーンから始まります。

最初に異変が起きたのは東京湾アクアラインでした。

ゴジラ第一形態が出現したことによる大量の水蒸気噴出が起き、アクアラインに一部浸水が発生します。

この水蒸気噴出が起きた場所ですが、劇中のシーンやセリフなどからも

川崎浮島JCT風の塔の中間、やや風の塔寄りのアクアライン上の海中と思われます。

 

 このへん

 

 

 

風の塔

f:id:icchiryu:20160814201116g:plain

 

RPGに出てきそうな見た目と名前の建物ですが、(実際ドラクエに同名の建物あり)

正体はアクアラインの巨大換気施設です。高さは高い塔が90m、低い塔が75m。

劇中のシーンでもはっきりと確認できます。

東京湾にこれほど高い建造物は他になく、東京タワーなど東京の多くの展望台などからも視認できるなかなか目立つ建造物となっています。

 

 

 

この付近からゴジラの尻尾がにょろっと姿を現します。

このときのゴジラは第一形態であり、巨大なオタマジャクシのような形状のようですが、劇中では尻尾のみしか確認することはできませんでした。

 

 

 

その後、ゴジラは第二形態となり羽田空港を右手に多摩川を遡上し、

天空橋を右折し海老取川を北上、そして呑川に侵入し蒲田方面へ進行していきます。

ルートとしてはこうでしょうか。

f:id:icchiryu:20160814203142p:plain

 

なぜかゴジラは多摩川をそのまま遡上せずにルートを知り尽くしているかのように呑川に侵入し、後ろ足だけでゴリゴリ押し進んでいきます。

 

 

呑川

呑川桜新町を水源とし、世田谷区、大田区を流れる二級河川です。

劇中でご覧の通りゴジラ一匹通れるだけの非常に細い川です。ゴジラはなぜわざわざこんな狭い川を探し当て進んで行ったのでしょうか。狭いところが好きなタイプ?

映画的な見方をすれば、船を押し退けながらジリジリ進むという不気味さを描くためにあえてどこにでもあるような小さな川を進ませたのかもしれません。

 

 

 

 

 

そして上陸はないと総理が発表した矢先、ゴジラは蒲田に上陸します。

「え、蒲田に?」

 

 

 

ゴジラは地図中央のあやめ橋あたりから上陸したものと思われます。

私は昔ここにあるブックオフジョジョの3部を買った記憶がありますが、無事だったでしょうか...。

 

 

 

 

そこからゴジラは北上を続けます。

ここでもゴジラは不思議と狭い道を使ってゴリゴリ押し進みます。

蒲田付近から品川方面へ北上する道と言えば、国道1号線国道15号線などが思い浮かびますが、狭いところが好きな第二形態ゴジラはまたも自分が通れる幅ギリギリの道を辿り品川方面に進んでいきます。かわいいやつめ〜。

 

 

次にはっきりと場所が示されるのは京浜急行北品川駅になるわけですが、蒲田から北品川に至る道のりははっきりとわかっていません。シーンごとの道の特定はできますが、どうやらややジグザグに動いているみたいです。

 

 

そして品川駅の南にあることでお馴染み北品川駅京急線を吹き飛ばし二足歩行できる第三形態へと変貌します。

北品川といえば、初代ゴジラの上陸地としても有名です。他に特徴があまりないのでそれを売りにしている看板やお店なども見受けられる怪獣映画の聖地といえる場所です。

 

 

そして八ツ山橋で自衛隊のヘリと向きあいます。

八ツ山橋も初代ゴジラが初めて壊した建造物として有名な場所です。

場所としてはこの辺りか。

 

京浜東北線で品川から南へ向かう時によく見える、くら寿司の入っている京王品川ビルの隣でゴジラは動きを止めます。

そしてそのまますぐ東にある運河に飛び込み天王洲を横切り、東京湾に姿を消します。

このルートだとラーメン二郎品川店の安否が心配ですが、この姿を消す部分の描写は省かれているので、被害状況はあまりわかりません。

川に潜ったとしても品川埠頭で一度再上陸していると思いますが。

 

ちなみに八ツ山橋から東京湾に逃げ込むというのも初代ゴジラのとった行動と同じです。

 

 

ちなみにゴジラ逃亡後の劇中のニュースでは、「首都圏各線は京浜急行線を除き運転を再開しています」というようなニュースが流れていましたが、このゴジラの辿ったルートだと京浜東北線も確実になんらかの被害を受けているような気がしますがなんとかなったんでしょうか...。

その分京浜東北線は終盤にとんでもない勇姿を見せてくれますが。

 

 

 

ということで1度目のゴジラ上陸では、ゴジラはかなり玄人好みの道と川を使って羽田から品川に向かったことがわかりました。呑川をわざわざ選ぶあたり大田区民の可能性すらあります。

 

 

長くなったので2度目のゴジラ侵攻ルートはこちらです。

 

 

icchiryu.hateblo.jp

 

icchiryu.hateblo.jp

 

 

いったんおわり。