読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京日記

東京のこととかその他のこととか書いてます

カラオケで流れる映像のロケ地はここだ!〜その2〜

地理

どうもリューイチです。

今回は前回の記事の続き、その2を書いていきましょう。

カラオケ映像によく出る町、晴海のお話です。

 

 

※前回の記事 

icchiryu.hateblo.jp

 

 

 

カラオケ映像で海が絡んでいる時、十中八九そこは晴海周辺です。

砂浜がある海で撮っている映像も中にはありますが、

カラオケ映像という低予算のコンテンツの中では、

すぐ行けてそれっぽい雰囲気のある晴海周辺の海が好まれるのでしょう。

 

そしてそのそれっぽい雰囲気を代表している建物こそ

晴海埠頭にある晴海客船ターミナルと言えるでしょう。

 

f:id:icchiryu:20160718222809j:plain

 

この特徴的な形の建物、みなさんも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

 

晴海客船ターミナルは、東京湾を一望できる絶好の場所に位置していながら、

休日でも人通りはほとんどないため、多くのPVや写真撮影のロケ地にもなっています。

 

 

特に海側に面しているこの非常に絵になる広場や

f:id:icchiryu:20160718223226j:plain

 

 

 

建物上部のピラミッド部分にある展望台など

f:id:icchiryu:20160718223308j:plain

 

 

カラオケ映像のみならず色々な場面で目にしたことがある風景ではないでしょうか。

 

 

 

と言っておきながら、具体的にはなんの映像で使われてるんだよと言われるとパッと言えるものが見当たらず、よくいる大量の女子大生みたいな人たちがローラと一緒に「Call me maybe」を歌って踊っているという動画しか見つけられませんでした。

例としては全く共感を得られないものとなってしまいました。

 


Rola(ローラ) "Call Me Maybe" from TOKYO

 

この動画の後半に出てきている場所がまさに客船ターミナルの広場の部分です。

 

f:id:icchiryu:20160718224026p:plain

 

左右の女がエジプトの壁画ごっこをしているところみたいなキャプチャになってしまいました。

 

 

 

 

そしてもう一つ忘れてはいけないスポットが、勝どきの高層マンション街に掛けられている朝潮小橋という小さな橋です。

 

橋自体はなんてことのない小さなものですが、レインボーブリッジ方面を一望できるちょうどよいスポットに掛けられているのです。

 

特に夜ともなれば、橋の手すり部分が全てライトアップされ非常にそれっぽいムードを醸し出す最高のスポットとなっております。

(かくいう私もいつかの記事でご紹介したMVをこの地で撮影させていただきました。)

f:id:icchiryu:20160718225102j:plain

 

 

この橋もよく見るとカラオケ映像に出ています。

手すり部分がここまで光る橋はなかなかないので出て来ればすぐにわかると思います。

 

 

 

 

晴海はこうしたそれっぽいムードを持つスポットが随所にありながら、交通の利便性や住宅街ということもあり、よその人がなかなか足を踏み入れない地域になっています。

それがお金をかけずにそれなりの映像を撮りたいというカラオケ映像制作陣の需要と非常によくマッチしているのでしょう。

 

 

ということでみなさんもぜひカラオケ映像を撮りたくなったら、今回紹介させてもらった新宿、晴海周辺をご利用されてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

その際はどこか惜しい感じの演者の方と一緒に来ると非常にカラオケ映像っぽくなっておすすめです。

 

 

 

おわり