読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京日記

東京のこととかその他のこととか書いてます

可愛いって作れなくない?

 こんにちは。リューイチです。

普段考えてる色々なことを最近アウトプットしてみたくなったので

ブログとかいう最先端のハイテクWebツールを始めます。

どうぞよろしくお願いします。

 

 

 唐突なんですけど『可愛い』『美しい』の違いってなんだと思いますか?

 

 

「可愛いのは石原さとみで美しいのは栗山千明かな」で終わると簡単なんですけど

ここで言う『可愛い』『美しい』はそうした女性の顔みたいな造形的なものに対する話ではありません。

例えば仔猫とか赤ちゃんの仕草を「可愛い」と感じたり、自然の絶景を「美しい」と感じるような、抽象的なものに対して自然と湧き上がる感情の方の『可愛い』『美しい』です。

 

石原さとみが可愛いか美しいかというのは人の感じ方によって違うものだと思いますが

抽象的なものに対する『可愛い』『美しい』は誰にとってもほぼ不変のものです。

仔猫たちが仲良くじゃれあってる様子を見て「キャ〜超可愛い〜!!」と女子高生が叫ぶことはあっても「めちゃくちゃ美し〜!!」と言うのは見たことがありません。逆に登山家が山の頂上からの景色を見て「やっぱこの眺めは可愛いなー!」と言うのも余りに不自然です。

この差はどこから来るんでしょうか。我々はその謎に迫るため現地に飛びました。

 

まずそれぞれの言葉の使われる対象を整理してみます。

『可愛い』という言葉を使う対象になり得るモノといえば....

動物、赤ちゃん、様々なキャラクターなどなど...最近ではおじさんなどかなり年上の方の行動を見て可愛いと指す場合もありますね。

さて実はこれらの対象に共通することが一つあるんです。

それはこれら全てが『「可愛い」の発信者と正確な意思疎通ができない存在』であるということです。

つまり「可愛い〜 !」と言っている人と対等にコミュニケーションを取ることが出来ない相手なのです。 

 

赤ちゃんがお菓子に必死に手を伸ばそうとしているのを見て「言葉は通じないからわからないけど、きっとこれが食べたくて頑張ってるんだろうなぁ」とこちら側が勝手に推測する余地がある場合に『可愛い』という感情は発生するのです。もし赤ちゃんが「そこのお菓子今から秒で取るんで見ててください」と話したとしたら、取る行動は同じでも『可愛い』という感情は全く感じなくなってしまいます。

 

f:id:icchiryu:20151018214826p:plain 

 

言葉の通じない動物やキャラクターも同様です。そして若者から「可愛い」と言われいい気になっていたおじさん方には大変残念なのですが、おじさん方は若者から見ると言葉の通じない赤ちゃんや動物と同じステージに位置づけされているという事になります。哀しい哉...。

ここでのポイントは、そのステージとは『可愛い』の発信者よりも下に位置されていることです。簡単に言えば動物や赤ちゃんは「可愛い〜」と言っている話し手よりも下等な存在であるということです。おじさんはめげずに頑張ってください。自分より下の存在であると分かりきっているからこそ、相手の行動の真意を想像する心の余裕が生まれ、結果的に『可愛い』という感情に結びつくのです。つまり『可愛い』は自分より下の世界に属するものに対する感情であるということです。

 

長くなったので『美しい』についての話は次回にします。